2010年06月02日

史上初?国民のせいで総理が辞任

本日、鳩山由紀夫が総理大臣の職を辞することを発表したようです。
元来であれば総理大臣が辞職する際には、何らかの失策の責任(任命責任含)を取る形であったわけですが、米国から「LOOPY = 愚直(※鳩山解釈)」と評された総理大臣は流石でした。

「国民が聞く耳を持たなくなった。」

だから辞任するそうです。
本当に最初から最後まで誰も「自分で責任を取る」と言う事をしない内閣でした。
大臣のうち一人ならまだしも、全員が全員、全く責任を取らない内閣というのは、恐らく史上初ではないかと思います。


そして小沢の言った「次の政権」という言葉も気になります。
「総理の交代=政権交代」ではないと言っていたはずなんですが
posted by 加藤祭 at 18:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 特定アジアネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
加藤祭が任命するの?
Posted by BlogPetのなっちゃん at 2010年06月04日 14:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック