2007年02月10日

捏造対策で放送法、改正へ。

「あるある」捏造、再発防止のため法改正も…菅総務相
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070209i413.htm
−−−−
 菅総務相は9日の衆院予算委員会で、フジテレビ系の情報番組「発掘!あるある大事典2」の捏造(ねつぞう)問題に関連し、「(捏造などの)再発防止策として、新たな法改正が必要ではないかと考えている」と述べた。放送法に違反した事業者への行政処分を規定した電波法の改正などを検討する方針を示したものだ。

 番組捏造などで放送法に違反した場合、放送法では文書や口頭による厳重注意、警告などの行政指導しかできない。

 一方、行政指導より重い行政処分には、電波法に基づき、一定時間の放送を差し止める「電波停止」や「無線局免許の取り消し」などの厳しい罰則がある。

 ただ、電波法の罰則は、放送局の経営面への打撃が大きいうえ、言論・表現の自由にもかかわるため、過去に発動したケースはない。

 このため、菅総務相は、再発防止に向けた業務改善命令などの行政処分を、新たに設ける意向とみられる。

 また、菅総務相は番組を制作した関西テレビについて「事実でないことをあたかも事実のように放送し、放送法違反であることは間違いない。さらに必要な報告を求めて厳正な処分をしたい」と述べた。斉藤斗志二議員(自民)の質問に答えた。

(2007年2月10日0時50分 読売新聞)
−−−−
さて。
一見あるある大辞典に対する処分を検討するかのように見えるこの法改正ですが・・・・
法の不遡及により、改正されたとしても今回の処分に影響はありません。
むしろ影響があるのは・・・・・

ねぇ。
捏造放送が大好きで毎日いろんな事無責任に垂れ流してる放送局がありますよね。
T●Sとかテレビ朝●とかN●Kとかさ。
いい加減何とかしないといけない時期ですよね。
posted by 加藤祭 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 共同通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33342076

この記事へのトラックバック