2009年01月12日

テレ朝、番組内で紹介するblogを自作自演

読売新聞の記事によりますと
−−−−
「ネットが情報源」テレ朝番組、実はスタッフがブログ自作

 テレビ朝日系で10日に放送された情報バラエティー番組の中で、「インターネット上で流れている情報」として紹介されたブログが、実際は番組制作スタッフが作成したものだったことが11日、わかった。

 この番組は、テレビ朝日制作で10日午後7時から放送された「情報整理バラエティー ウソバスター!」。

 一般に流れる様々な情報の真偽を検証し、クイズ形式にした内容で、「NEWSの語源は英語の東西南北の頭文字」「干支(えと)のイノシシは、中国や韓国ではブタ」「サケとシャケの違いは加工の有無」などと書かれた六つの雑学ブログが、出題のネタ元として画面付きで紹介された。

 しかし、番組終了後に、これらのブログをインターネットで見た視聴者が、いずれも同じ昨年12月10日に作成されていることに気づいて「あまりにも不自然」と指摘。同社も番組スタッフが撮影用に作ったブログであることを認めた。

 同社広報部では、「実際のブログ作成者から撮影許可が取れなかったので、同じ情報を元にスタッフが『再現』した。そのことをテロップやナレーションで伝えるべきだった。視聴者に誤解を与えかねない表現となり、申し訳ない」としている。

(2009年1月12日03時13分 読売新聞)
−−−−
との事です。

さて。
番組の捏造はいつもの事なので、もう驚きません。
テレビ朝日ですしね。

気になるのはここ。
『同社広報部では、「実際のブログ作成者から撮影許可が取れなかったので、同じ情報を元にスタッフが『再現』した。』
朝日新聞の記事でも
『 テレビ朝日広報部の話 実際にあったブログなどから撮影許可が得られず、番組で撮影用に同じ趣旨のブログを作成した。担当した番組制作会社から実在したブログなどネット情報のコピーを示されており、捏造(ねつぞう)ではないと考えている。』
とされているので、テレビ朝日側の主張としてはこれで統一して押していくつもりでしょう。

えー。
「営利目的で他人の著作物を無許可で複製」
りっぱな著作権法違反であると自白している気がします。
もっとも、被害者が訴え出ない限りは罰せられる事はほとんど無いわけで。
今回の場合、被害者がいるとも思えないので、闇に消える事になるのでしょうが・・・・
「ネットの情報は嘘ばかり」
と擦り込もうとするなら、もうちょっとしっかり仕込まないと無理ですね。
今後もしっかり前科として残ります。ネット上にですけど。
ちなみにこの「ウソバスター」なる番組を制作したノンプロさん
過去にはこんな番組を作ってます。
・まかせて!エキスパ
・発掘!あるある大事典
・発掘!あるある大事典2

( ´ω`) 「反省」って言葉を知らないの・・・カナ?


ぁ、ちなみに「中国や韓国では干支の猪はブタ」ってのは本当の事です。
干支らしき風習が存在する地域で「亥」を「猪」としてるのは日本と台湾だけ、他の地方ではすべて「豚」です。
中国でも、韓国でも、タイでも、ベトナムでも、ベラルーシでも。
posted by 加藤祭 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 捏造番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

楽天、TBSの株を買い増し。

2005年末頃から揉め続けている楽天vsTBSですが、今回、楽天がTBS株を買い増しし、20%以上を確保する事に決定したようです。

NHKニュースによりますと
−−−−
楽天 TBS株買い増しへ

関係者によりますと、楽天は19日、取締役会を開き、TBSの株式を買い増し保有割合を現在の19%余りから20%以上に引き上げることを決めました。また、三木谷社長ら2人を社外取締役として迎えるよう6月に開かれるTBSの株主総会で提案することになりました。楽天としては、保有比率を引き上げることでTBSをグループの財務上の関連会社とし、三木谷社長みずからが役員となることで、TBSの経営に対する影響力を強めるねらいがあるものとみられます。楽天は、TBSが導入した買収防衛策で、20%以上の株式を取得しようという者に対し株式取得の目的や方法について説明する文書を求めていることから、19日にもTBS側に文書を提出し、株式を買い増すことへの理解を求めることにしています。これに対して、TBSは、楽天側の株買い増しの提案から原則として90日以内に買収防衛策の発動を株主総会に諮るかどうか決めることになりますが、「放送局は中立性が求められ、特定の大株主は受け入れがたい」としており、両社の間で再び緊張が高まりそうです。
−−−−
との事です。

正直ね、
「TBSの株を楽天が買い増しする」
こんな話はどうでもいいんです。

それより、気になったのここですよ。ここ。
TBSのこのコメント。
「放送局は中立性が求められ、特定の大株主は受け入れがたい」

「放送局は中立性が求められ」

(´・ω・`) おまいらが言える立場か。おまいらが。
posted by 加藤祭 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 捏造番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

TBSに出演する役者さん

某所で拾ったTBSのインタビューシーンのスナップです。

20070401tbs.jpg

何も言うことはありません。
posted by 加藤祭 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 捏造番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

不二家、TBSを訴える?!

先日発覚した、TBSの報道番組「みのもんたの朝ズバッ!」において行われた捏造報道ですが、この件について不二家はTBSに法的措置を考え始めたようです。

nikkansports.comによりますと
−−−−
不二家がTBSに法的措置検討

TBS系情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」が不二家の不祥事特集で不正確な内容の放送をした問題で、不二家は30日、損害賠償請求などTBSに対する法的措置を検討していることを明らかにした。不二家が社外に設置した信頼回復対策会議の同日の最終報告を受けた対応。

 特集では神奈川県の平塚工場で賞味期限切れのチョコレートを出荷先から回収し、溶かしたうえ日常的に牛乳を混ぜて再出荷していたと報じた。

 TBSは牛乳の混入や「日常的」の表現は「正確性を欠いた」としたが、「チョコの不正使用という放送の根幹に間違いはなかった」とした。

 同会議は「番組の内容は事実無根で、不二家の営業を一層困難にした。TBSは話し合いに誠実に対応しない」として、TBSに第3者による調査委員会の設置と訂正放送を求めている。

 菅義偉総務相は同日の会見で、この問題に関して「調査している」と話した。

[2007年3月30日23時8分]
−−−−
という事だそうです。

「法的措置検討」という報道ですが、むしろこの記事のポイントはこっち。
 菅義偉総務相は、この問題に関して「調査している」と話した。
『どうやら総務省が調査しているらしい。』
こっちのほうが重要です。

先日、関西テレビには捏造問題から「総務相名での警告」が出されました。
法律上は「電波停止」「放送免許の取り消し」といった事もできるはずなのですが・・・・・
今までに適用された例はありません。
TBSは過去にもすでに何度か同じ警告を受けています。
さて。総務省は今回も「警告」で済ませるのでしょうか?
posted by 加藤祭 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 捏造番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

TBS、「朝ズバッ!」の捏造を否定?肯定?

TBSで放送中の「朝ズバッ!」で行われた不二家に関する捏造報道について、TBSは捏造についてコメントを発表したようです。

「サンスポ」によりますと
−−−−
「朝ズバッ!」が不二家報道で捏造疑惑…TBSは否定

 TBSの人気番組「みのもんたの朝ズバッ!」に28日、捏造疑惑が浮上した。同番組は1月、不二家が賞味期限切れのチョコレートを回収して工場で溶かし、再出荷していたと報道したが、不二家が「事実と異なる部分がある」として説明を求めていることが分かったのだ。TBS側は「視聴者が誤解する可能性はあった」としながらも「断じて捏造はなかった」と主張している。



 問題となっているのは、「存在感がある番組になってきた」(TBSの井上弘社長)という「朝ズバッ!」が、1月22日に不二家の不祥事として放送した特集だ。

 特集では、不二家の元従業員とされる女性が顔を映さずに登場。神奈川県の平塚工場で賞味期限切れのチョコレートを出荷先から回収、包装を外して溶かし、牛乳を混ぜて新品として再出荷する作業を日常的に行っていると伝えていた。

 不二家は同日の放映直後に「事実と異なる点があるので確認してほしい」とTBSに説明を要求。両社間で話し合いを重ねてきたが、不二家広報室は「(現在も)納得がいく説明をいただいていない」としている。


 不二家が同社の一連の不祥事を調査するため社外に設置した「信頼回復対策会議」によると、「流通システム上、チョコが工場に戻ることはありえず、牛乳を混ぜるプラントも実在しない」。同会議はこうした経緯について、30日に発表する一連の不二家問題の調査報告書に盛り込む。

 TBSは28日、記者会見を開き、“告発”証言をした女性が勤務していたのは10年以上前であり、再出荷作業が日常的だったとする部分は「10年以上前の状況についての証言だった」と明かした。牛乳を混ぜるとした部分については「実際は何を入れたか分からない」とし、「正確性を欠いた」と不二家側にすでに伝えたという。

 また、賞味期限切れだったというチョコが実際に店舗からの回収品だったかどうかは、「証言の力が大きいケース。流通ルートの事実関係を確認する裏付け取材が十分ではなかった」と釈明。「視聴者が誤解する可能性があった」とした。

 その一方、(1)賞味期限切れのチョコを溶かして再使用していた(2)賞味期限切れのチョコの包装を外し、新たに包装していた−という番組の「根幹部分の2点は間違いない」と明言。「断じて捏造ではなかったと確認している」としている。

 不二家広報室は「私どもも洋菓子について不備があり、すべてに胸を張って言えるわけではないが、明らかに事実と異なる部分は修正をお願いしたいとTBSと話し合っている」と話している。

★「あり得ないと思う」

 29日発売の「週刊文春」(4月5日号)によると、みのもんた氏(62)は今回の問題について「僕が報道の取材をしているわけじゃないんだからさ。『朝ズバッ』の中のニュースの中で捏造ってことは、僕はあり得ないと思いますよ」と答えたという。みの氏は不二家報道の翌日の番組冒頭で、不二家について「もうはっきり言って、廃業してもらいたい」と言い放っているが、TBSは「『廃業を覚悟して不退転で臨んでください』という励ましの発言だったのでは」としている。

◆TBS・井上弘社長(67)
「(週刊文春の)見出しには『捏造』と書いているが、言葉を扱う側としてはどうだろうか。報道したことが正しいか間違っているかという議論はあるが、捏造というのはどうか」

◆不二家の「信頼回復対策会議」の郷原信郎議長
「マスコミで報道されてきた不二家の不祥事について、ずっと調査してきたが(朝ズバッの報道は)とび抜けてとんでもない。(報道された点については)事実、ないことを確認している」
−−−−
という事だそうです。

また、「東京新聞」によりますと
−−−−
TBSが番組の誤り認める 「朝ズバッ!」の不二家報道
 情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」が1月に不二家の不祥事として報じた特集に「事実と異なる部分がある」と指摘された問題で、TBSは28日記者会見し、複数の点で「正確性を欠く部分があった」と内容の誤りを認めた。

 TBSによると、問題の特集は元不二家従業員とされる女性の証言で構成。神奈川県・平塚工場で賞味期限切れのチョコレートを出荷先から回収、包装を外して溶かし、牛乳を混ぜて新品として再出荷する作業を日常的に行っている、と伝えていた。

 TBSは、再出荷作業が日常的だったとする部分は「実際は10年以上前についての証言だった」と説明。牛乳を混ぜるとした部分については「何を入れたかはっきり分からない」とした。

 TBSは「視聴者が誤解する可能性があった。ただ根幹部分に問題はなく、捏造などはなかった」と話している。

(共同)
(2007年03月28日 19時49分)
−−−−
という事だそうです。

えー、サンスポと東京新聞でタイトルがまったく違うわけですが・・・
もうお分かりですね?

東京新聞(共同)

さて。サンスポを信用するとしましょうか。

記事のポイントはここですね。
−−−−
◆TBS・井上弘社長(67)
「(週刊文春の)見出しには『捏造』と書いているが、言葉を扱う側としてはどうだろうか。報道したことが正しいか間違っているかという議論はあるが、捏造というのはどうか」
−−−−
以前から言われていましたが、TBSは「捏造」という言葉の意味を知らないようです。
ここで改めて、捏造とはどういう意味か確かめておきましょう。
goo辞書によりますと
−−−−
ねつぞう ―ざう 0 【▼捏造】


(名)スル
〔「でつぞう(捏造)」の慣用読み〕実際にはありもしない事柄を、事実であるかのようにつくり上げること。でっちあげ。
「会見記を―する」
−−−−
となっています。

「報道番組で実際になかったことを放送」
これのどのあたりが「捏造ではない」と言えるんでしょうか?
「証拠が無い」に対して「証言の力が大きいケース」と返事を返す。
まるでどこかの従軍慰安婦のようです。


ま。自浄力、期待してますよ。民放連さん。
posted by 加藤祭 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 捏造番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

【TBS】不二家報道「事実と違う」

TBSで放送中の「みのもんたの朝ズバッ!」で、1月に「不二家の不祥事」として報道史な内容で捏造が発覚したそうです。

福島民友新聞社によりますと、
−−−−
不二家報道「事実と違う」(03/28 12:21:39)

 TBSの人気番組「みのもんたの朝ズバッ!」が1月に不二家の不祥事として報じた内容に「事実と異なる部分がある」と、不二家が社外に設置した「信頼回復対策会議」が指摘していることが、28日分かった。総務省は調査に乗り出す方向だ。  TBS広報部は「事実関係を調査中で、詳細については答えられない」と話している。  問題となっているのは、同番組が1月22日に放送した特集。不二家の元従業員とされる女性が顔を映さずに登場し、神奈川県・平塚工場で日常的に賞味期限切れのチョコレートを回収し、不正使用していると証言。包装を外して溶かし、牛乳を混ぜ、新品として再出荷する作業をイラストを使って説明した。  だが信頼回復対策会議などの調査によると、平塚工場にはチョコレートを回収するシステムはなく、イラストで描かれた牛乳混入のプラントも実在しなかった。
−−−−
との事です。

ちゃんと、放送中にテロップで
「※この番組はイメージです」
と入れておかないからこんな事になるんですよ。TBSさん。
民放連のみなさんはTBSの除名をお願いしますね。
関西テレビという貴重な前例が出来たことですし。
「報道番組」での捏造は、「バラエティー番組」の捏造と比べものになりませんよね。
自浄力の見せ所ですよ。自浄力の。

TBSのやらかしたことまとめ
posted by 加藤祭 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 捏造番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

TBSまた「イメージを伝えるために」番組捏造

“2ちゃんねるそっくり”掲示板放映 TBS「担当者が作成」
−−−−

TBSが12日夜に放送した番組で、2chにそっくりのデザインだが実在しない掲示板の映像が放映され、「ねつ造では」とネット上で“祭り”になった。TBSは、担当者が作成したものであることを認めた上で「ねつ造ではない」と釈明した。
2007年03月13日 21時29分 更新

−−−−
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/13/news080.html

続きを読む
posted by 加藤祭 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 捏造番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする